読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きっとまだ限界なんてこんなもんじゃない

シンクロナイズド・ロッカーズ

【ハイブリッドレインボウ】

 

僕が、the pillowsというバンドに出会ったのは、大学生の頃だった。当時でももうすでに、結成から15年という長い活動期間を経ていた。すごく不思議なことだが、そんなに長い期間活動していながらも、the pillowsというバンドを、僕は知らずにいた。

 

それもそのはず、15年(当時)という長い期間活動をしていながらも、華々しい結果を残してこなかったバンドだったのだ。the pillowsの同期のバンドには例えば、Mr.Childrenスピッツなど、ミリオンヒットを何度も達成し、一躍ブレイク、今や国民的バンドとして誰もが知っているようなバンドがあるが、それらのバンドのようには、the pillowsはなれなかったのだ。

 

そういう同期バンドのブレイクを横目に、一体どんな気持ちで、ボーカルの山中さわおをはじめとする、the pillowsのメンバーが活動を続けてきたのかは、僕には想像だにつかない。聞くところでは、あまり仲が良くなかった時期なんかもあったらしい。色々大変な思いをしながらも、それでも、自分達のロックを決して止めることなく続けてきたのだろう。その想いは、本当に計り知れない。

 

上述のように、ミスチルスピッツのような国民的バンドには決してなれずに、挙句の果てには、”永遠のブレイク寸前”なんていう通り名まで付けられてしまったが、彼らの音楽は、本当にたくさんのロックファンに愛されてきた。冒頭に記したように、僕は15年目にしてようやくthe pillowsに出会ったが、たちまちBUSTERS(the pillowsのファンのことをそう呼ぶ)の一員となって、the pillowsの音楽にはまることになった。

 

僕は、”日本のロックバンド”と言えば、真っ先にthe pillowsのことを思い浮かべる(あと、スピッツブルーハーツも)。まさに、日本のロックバンドの象徴であり、諦めずにずっと何かを続けていれば、必ず報われる時が来るのだと、そういうロック魂を体現しているバンドなのだ。

 


その、the pillowsの代表曲として、”ハイブリッドレインボウ”という曲がある。

 

直訳すると、”混成の虹”という意味であるが、この歌にさわおさんが込めた想いはずばり、仲間たち(the pillowsのメンバーや、ひいてはファンたち)と生み出すことができたロックンロールへの喜びの気持ちの爆発、というものである。

 

まさに、これぞロックンロール。これ以上もこれ以下もなく、ロックンロールである。つまり、”ハイブリッドレインボウ”という曲は、the pillowsそのものなのだ。さわおさんの、あるいはメンバーの、ロックに対する想いが全部つまっていて、そこにそれを愛し続けたファンの想いが重なって、虹を生み出したのだ。

 

この曲の中で、さわおさんは、自分達のことを”ほとんど沈んでる無人島”あるいは”ほとんどしぼんでる飛行船”などと揶揄しながらも、しっかりと”きっとまだ限界なんてこんなもんじゃない”だとか”ここは途中なんだって信じたい”などと歌っている。これらの言葉が、一体どれくらいのパワーを持っている言葉か。僕には想像だにできないが、何十年も自分達の信念を貫く、とてつもないパワーを感じる。

 


ここで、ちょっと冒頭の話にさかのぼる。

 

僕がthe pillowsに出会ったそもそものきっかけは、BUMP OF CHICKENだった。今もそうだけど、僕はバンプが大好きで、確か当時、バンプの情報をチェックしていた時だったと思う。バンプの曲に、”ハイブリッドレインボウ”という知らない曲名を見つけたのだ。新曲かな?ということで、調べていたら、実はそれが、the pillowsというバンドの曲だということを知った。

 

当時、15周年を記念して、the pillowsのトリビュートアルバム(こういう種類のアルバムがあること自体、この時初めて知った)が発売され、様々なアーティストがthe pillowsの曲をカバーしている中の一曲が、バンプの”ハイブリッドレインボウ”であるということだった。

 

つまり、僕は本家のよりも先に、バンプ版の”ハイブリッドレインボウ”を聴いたのだ。当然、バンプ版を聴いた後に本家を聴くことになるわけだが、両者を聴いたことがある人なら分かるだろうけど、この2曲は全然感じが違っている。僕の印象では、本家であるthe pillowsの”ハイブリッドレインボウ”は、ロックンロールに対する魂からの叫びであるのに対して、カバーであるBUMP OF CHICKENの”ハイブリッドレインボウ”は、まるで物語か昔話を聴かせているような、穏やかで語りかけるような印象である。

 

こんなこと言うと、怒られるかもしれないけど、僕はバンプ版の”ハイブリッドレインボウ”の方がしっくりきて好きなのだ。これは、他の曲には抱いていない、この曲だけに対する特別な想いだ。他のカバーに対しては、本家と聴き比べても、違和感しか感じざるを得ない、ミ〇チ〇のストレンジカメレオンなんか最悪だったし、おっと暴言が…。

 

でも、バンプだけは違った。もちろん、バンプファンだから、という贔屓はあるかもしれないけど、それを差し引いても、トリビュートアルバムの中では、ちょっと他のとは印象が違う。バンプが、自分の曲はもちろん、他人の曲であっても、大切に丁寧に扱っていることが本当によく分かる、よいトリビュートだと思う。

 

もちろん、本家のハイブリッドレインボウも大好きだからな、そこは誤解しないでほしい。

 


そもそも、このトリビュートアルバムは、さわおさん本人が、トリビュートしてくれ、と、アーティストに頼みまわって、それで作られたアルバムであるらしい。どこまでが本当か分からないけど、ちょっと面白い。

 

そのバンドのひとつに、BUMP OF CHICKENがあったのだ。どういうつながりがあったのかは詳しく分からないけど、the pillowsBUMP OF CHICKENという、僕の大好きなバンドが手を組んだことは、本当に奇跡だ。そんな奇跡がまた、新しい虹を生み出したのだ。

 

どこの誰が何と言おうと、賛否両論あろうとも、僕はBUMP OF CHICKENカバーの”ハイブリッドレインボウ”を愛しています。素晴らしい虹だと思います。

 


ということで、9月16日が、the pillowsが結成された日ということで、晴れてthe pillowsは結成26年を迎えました。長くサポートベースを務めていた鈴木淳さんが外れたり、最近のthe pillowsの曲にあんまりしっくりときておらず、少し疎遠になっていますが、これだけは言い続けます…間違いなくthe pillowsは、僕のヒーローである、と。

 

ということで、お誕生日おめでとうございます、一生BUSTERSします!

 

ハイブリッドレインボウ 本家

youtu.be