読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウォークマンの名前の由来って何なんだろうね

■今日は音楽の話…というより、”音楽の聴き方”についての、時代の移り変わりについて、僕なりに話してみます。

 


みなさん、音楽を聴くとなると、どんな機器を使って聴くだろうか?この時勢、スマホipodなどが主流になっているのかな。音源も、ネットからダウンロードなどするため、CDも売れなくなった。

 

僕が今現在使っているウォークマンは、SONY製で、型名はNW-S739Fというものである。2008年に買ったものだから、実に、8年という長きにわたって使っていることになる。充電満タンでも、2~3時間で電池が尽きてしまうようになってしまった、人間で言うと、もうおじいちゃんだな。

 


■思えば、音楽の聴き方について、僕が小学校の頃から思い出してみると、ずいぶんと変わってきた、と思う。

 

僕の一番古い記憶は、CDとカセットテープだ。

 

小学生・中学生の頃は、レンタルCDショップに行って、オリコンランキング…当時のオリコンランキングには、本当に素晴らしい曲が並んでいた、と記憶している…に入っているCDを借りていって、片っ端にカセットテープに吹き込んでいった。CDを買うにしても、ほとんどが家の近くにあった中古CDショップで買った中古CDだった。

 

一番よく覚えているのは、今でも一番好きなバンドの、スピッツのアルバムを吹き込んだカセットテープだ。兄から譲り受けたカセットウォークマンを、どこに行くにも持って行き、スピッツのカセットテープを聴いていた。

 


■高校生になって、MDというものが出始めた。

 

高校の合格祝いとして、父親からのご褒美で、MDコンポとMDウォークマンを買ってもらった。まさに、無敵の機械を手に入れた気分だった。

 

(ちなみに、父親は高校3年生の時に死んでしまったが、このMDコンポは、形見のようなものだった。現在は壊れて、もう捨ててしまったけど、なんかよく覚えている。)

 

 

カセットテープで音楽を聴いていた僕からしてみたら、当時は魔法のようなものだった。録音にかかる時間も短かったし、音も良し、そして何より、CDと同じように、たちまち聴きたい曲の頭から再生が可能というところは、本当にすごいと思った。


MDの時代は長かったと思う。高校生の頃は、そのコンポを使って、大学生になって一人暮らしになると、MDCDラジカセを買って、好きな曲をせっせとMDに吹き込みまくった。

 

現在も、家にはMDが200枚近くある。残念ながら、コンポは壊れてしまって、もう捨ててしまって手元にないが、ラジカセやウォークマンは生きているので、聴こうと思えばまだ聴ける。

 

しかしながら、願わくば、どうにかして音源すべてをデジタル化して、パソコンなどに取り込んでしまいたい、とも思っている(カセットテープもね)。いくつか方法はあるらしいと調べてみて分かったが、現状は放置している状態だ。

 


まぁ、とにかくだ、MDには本当にお世話になった。多分、一番多くの音楽を聴いていた時期は、この頃だったんじゃないかな。

 


■大学を卒業して、社会人一年目で、自分へのご褒美として、冒頭にも書いた、SONY製NW-S739Fというウォークマンを買った。

 

これも、自分にとっては革命だったね。まず、パソコンを介して音楽を入れるというところ、最初はほんとに魔法でも使っている気分だった。

 

手のひらサイズの、こんなちっさな機械に、3000曲以上の曲が入る、というのは、不思議で仕方がなかった。四次元ポケットかよって、どこにそんなたくさんの曲を入れるスペースがあるんだってね。カセットテープ、MD、と時代を見てきた僕には、今でも不思議に思う。

 


買った時は、3000曲かぁ、すごいな、アルバムにして300枚近く入れることができるんだ、先は長いなー、とか思っていた。

 

それが、最近ついに、そろそろいっぱいになるってところまで来た。8年前に買ったウォークマンがいっぱいになるということは、8年で約3000曲の歌を聴いてきたってことになる。

 

そう考えると、すごいよね、3000曲だもんな。まぁ、好きなアーティストの曲は、どうしても多いけどね。例えば、一番好きなバンドのスピッツや、the pilowsらは、それだけも200曲近くあったりするし。

 


■というわけで、僕は、カセット→MD→メディアプレーヤー(パソコンを介するウォークマン)と、その時代の変移を見てきたわけだ。

 

冒頭でも書いた通り、ダウンロードやインターネットでの音楽試聴が進んだことにより、CDは売れなくなった。しかし、今でも僕は、大好きなバンドのCDは買うようにしている…月に2~3枚は買うんじゃないかな。

 

パソコンでダウンロードで、はい終わり!、というのは何とも空しい気もするけど、考えてみると、自分もネットで音楽は聴くし、買ってきたCDだって、ウォークマンに吹き込んでしまえば、棚にしまって、めったには触らなくなるので、やってることは基本的におんなじかもしれない。

 

でも、やっぱりCDを買うことは、今でもワクワクするよね。どんな素晴らしい曲が入っているんだろうってね。僕は、歌を聴くときは、特に歌詞に注目して聴くので、歌詞カードを見る(読む)だけでも楽しい。

 


■ということで。そろそろ、まんぱんになるウォークマン。ちなみに、あんまり曲を消すことはしてないので、まんぱんになったら終わり。新しいウォークマンの検討でもしようかな、と思っているところ。

 

ところで、ウォークマンの名前の由来って何なんだろうね。自分で調べてみてね!