読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一人勝手に音楽の日 ROCK FES

ただお気に入りの曲を垂れ流す

今日は、(何でか)”音楽の日”ということで、"一人勝手に音楽の日 ROCK FES"を開催したいと思います。いつも通り、本当に好きな曲ばっかり垂れ流すので、よかったらどうぞ。

 

 

あんたへ / amazarashi

youtu.be

 

あのウミネコ / AL

youtu.be

 

1984 / andymori

youtu.be


スプーン / 藍坊主

youtu.be


天体観測 / BUMP OF CHICKEN

youtu.be


平らな世界 / FoZZtone

youtu.be


トワイライト / GOING UNDER GROUND

youtu.be


CRAWL / VELTPUNCH

youtu.be


GEAR MARCH / GEEKS

youtu.be


片目のウィリー / THE PINBALLS

youtu.be


月の爆撃機 / THE BLUE HEARTS

youtu.be


ハイブリッドレインボウ / the pillows

youtu.be


Homecoming / Green Day

youtu.be


それでも世界が目を覚ますなら / SUPER BEAVER

youtu.be


ロックンロール / くるり

youtu.be


欲望 / ホフディラン

youtu.be


She hates December / People In The Box

youtu.be


In The Clockworks / カフカ

youtu.be


The Future / your gold, my pink

youtu.be


夢追い虫 / スピッツ

youtu.be

 

 

 

<曲やアーティスト紹介>

 

あんたへ / amazarashi
「amazarashi(ボーカルの秋田ひろむ)って、ミュージシャンっていうより、詩人だよね。僕にとって、amazarashiの歌詞カードは、歌詞を読んでるだけでも成り立つくらい、何度も読み返したい詩集のような感じです。」

 

あのウミネコ / AL
「ここのブログでも何度も取り上げたけど、小山田壮平が率いていたandymoriというバンドの初期メンバーに、長澤知之という人を加えて出来たバンド、それがALである(うっかりダジャレ)。」

 

1984 / andymori
「じゃあ、andymoriから一曲。何を隠そう、僕自身も1984年生まれなので、この歌には特別な思い入れがある。この話も前にしたけど、僕はandymoriのメンバーと偶然、プライベートで会ったことがあって、その時に、小山田さんと「おぉ、同い年!1984!」と言って、握手をしたのは、一生忘れられない思い出だ。もちろん、その時から手は洗っていない(嘘)。」

 

スプーン / 藍坊主
「藍坊主も最近の曲を聴くと、随分洗練されてきたな、すっかりベテラン格だなって思う。それを考えると、この頃のメンバーは若いよね!PVは面白いけど、教訓としてはつまり、食欲やおいしい食べ物には、何も勝てないってことだろう…違うか、笑。」

 

天体観測 / BUMP OF CHICKEN
「ちょっと最近、BUMPから心が離れつつあるんだけど、やっぱり昔の曲を聴くと良いなーって思うよ。自分がどこへ行っても、この曲は原点に帰してくれるよね、きっとこれからもずっと。」

 

平らな世界 / FoZZtone
「FoZZは、結構昔から長く活動をしているバンドだけど、僕が知ったのは、ここ5年くらい最近だと思う。FoZZの中では、この曲が一番好きだな、何ていうか、詞がめちゃくちゃかっこいいんだよ、心に響いてくる。」

 

トワイライト / GOING UNDER GROUND
「素人丸出しながらも、大学の頃、僕は音楽サークルに入って熱心に活動をしていた頃があった。その時に、LIVEでこの曲は弾き語りでよく歌っていた。今でもこの曲を聴くと、色々思い出すなぁ、決して良い思い出ばかりではないけどさ、酒があれば泣けるなこれは。」

 

CRAWL / VELTPUNCH
「ベルパンは、割と最近知ったバンドなので、ベスト盤くらいしかCDを聴いたことがない。何で、こんなかっこいいバンドを今まで知らなったんだー、もう僕の馬鹿、バカバカ、バカーーーーーッ!って気持ちになること、ありません?」

 

GEAR MARCH / GEEKS
「GEEKSに関しても、最近好きになって、まだ知っている曲は少ないけど、この曲は最初に聴いた時から、いきなり一番好きな曲を発見してしまった感じ。なんていうか、パンクとオーケストラを融合させたような感じかな。間奏は、これスタンドバイミーのオマージュか?」

 

片目のウィリー / THE PINBALLS
「この曲を知ったのは、映画の「グーニーズ」に、その名もずばり”片目のウィリー”という海賊が出てくるので、なんだこれ?ってな感じで聴いてみたのがきっかけ。結果、いい出会いになったよね。曲もさることながら、とにかくボーカルの声がかっこいい、このボーカルの声が欲しい。」

 

月の爆撃機 / THE BLUE HEARTS
ブルーハーツの曲の中でも、一番好きな曲。こんなにパンクでノリノリになれるのに、どこか切ないんだよね。この曲からは、孤独ではなくて、孤高という言葉がイメージされる。「白い月の真ん中の 黒い影」って歌詞が、何かすごく好きだ。」

 

ハイブリッドレインボウ / the pillows
「これぞ、まさにロックだよね、日本のロックの魂がここに詰まっている。僕の中で、日本のロックバンドと言えば?と聴かれれば、the pillowsスピッツTHE BLUE HEARTSと答えると思う。」

 

Homecoming / Green Day
「多分、この試聴回数の100回くらいは、僕だと思う、笑。洋楽は、高校の頃の一時期、狂ったように聴いていたけど、今はほとんど聴かなくなってしまった、日本語の力に、やっぱり魅了されてしまったからだ。それでも、Green Dayだけは今でもずっと聴いている。」

 

それでも世界が目を覚ますなら / SUPER BEAVER
「ビーバーの曲は、いつだって直球ストレートで、心まで届いてくる。この映像の面白いのは、メンバーや曲の熱さと、お客さんとの温度差。こんなにロックなのに、棒立ちで聴いてしまう、お客さんの気持ちは、何となくわかる気がする。歌詞が本当に良いから、じっくり聴きたくなってしまう。」

 

ロックンロール / くるり
「名イントロ、名ギターリフとは、まさにこの曲のようなものを言うんだろう、一度聴いたら耳から離れなくなるよ。それにしても、寒そうなPVだよね、足元もつるつるだしね。」

 

欲望 / ホフディラン
「この曲で不思議なのは、僕はこの曲を最初どこで聴いたっけなって、はっきりと覚えてないんだよね。兄が聴いていたテープか、友だちが歌っていたか、どこかで偶然聴いたんだろうね、ホフはあんまり知らないんだけど、それからこの曲だけはずっと好き。」

 

She hates December / People In The Box
「一時期すごいハマったねー、ピープルには。一人でLIVEを見に行ったほど。こういう、なんか怪しい感じが好きだったんだけど、何か最近のは好みから離れちゃったようだ。」

 

In The Clockworks / カフカ

「ピープル同様、不思議な世界観が好きだったんだけど、何か最近のは好みから離れちゃったようだ。」

 

The Future / your gold, my pink
「ゴルピンは、もう戻ってこないのかなぁ。すごい好きだったんだけどね、今はどうなってるんだろうね、一応名前だけは残っている感じ?男性ツインボーカルの掛け合いが、すごく好きだったんだけどね。また聴きたいねー。」

 

夢追い虫 / スピッツ
「トリは、やっぱりこの方々!ロックなスピッツと言えば、どんな曲があるだろうって考えた時、この曲が思い浮かんだ。しぶいよね、いぶし銀って感じがするよね。スピッツに関しては、別ブログで思う存分しゃべっているので、そちらでもお会いしましょう。→ http://itukamitaniji.hatenablog.com/