読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2016年(超)個人的名盤6選紹介コーナー

いろんな話

もうすでに、似たような記事は書きましたが、改めて、2016年に聴いたアルバムの中から特に印象に残った作品を、6枚紹介したいと思います。おそらく、こっちはこれで今年の書き納めですかね。似たような趣向の方で、何か他に良い作品がありましたら、コメント等に残していただけると、聴いてみるかもです。




Butterflies / BUMP OF CHICKEN

Butterflies(通常盤)

Butterflies(通常盤)


良かった、というのは正しくなくて、(そういう言葉があれば)”友情票”に近い感じ。ずっと、BUMPは長く聴いているのでね、どうしても選びたくなっちゃう。
何ていうか、これまでのひとつひとつのアルバムだったら、通しで聴いた後に、一冊の本を読んだ後の読了感みたいなものを感じることができた。それは、曲が根っこの部分で繋がっていると感じることができたからだ。しかし、今回のこのアルバムには、それをあんまり感じなかったかな。このアルバムを、BUMPの中でどういう位置づけで作ったのかがよく伝わって来なかった。何か、特に歌詞の部分で深みを感じなかった、急ごしらえな感じがした。
ただ、音的には、かなり聴いていて心地が良かった気がする。全体的にキラキラしていて、そういう方向を目指しているのならば、なるほどなぁって感じ。何度も繰り返し聴くくらい、お気に入りになったのは、【GO】かな、この歌には、ちゃんとした主張みたいなものを感じることができたような気がする。


youtu.be


※追記
このブログを書いた、ほんの何時間か後に、【GO】のMVが発表されていて、そのMVがとても素晴らしかったので、動画を差し替えておきます。このMVいいなぁ、優しい感じ。アルバムの曲から、こんなに【GO】がフィーチャーされるのは嬉しいな、やっぱりこの曲がアルバムの主題だったのかな。





世界収束二一一六 / amazarashi

世界収束二一一六(初回生産限定盤A)(DVD付)

世界収束二一一六(初回生産限定盤A)(DVD付)


amazarashiは今年、これともうひとつミニアルバムを発売させたけど、こっちの方が印象に残っているので、こっちを選んでおく。
確か、もう一つの作品(ミニアルバム『虚無病』)のインタビューで、どっかで読んだことによると、「amazarashiの活動に一区切りがついた」ということだそうだ。
そういう意味では、amazarashiの集大成なのかな。身近なところから、世の憂いを歌う【タクシードライバー】とか、【ライフイズビューティフル】なんかは友達との飲みの場面を歌っていたりして。方や、人生の終わりで、自分の人生を振り返るように歌っている(という設定の)【エンディングテーマ】だったり、輪廻転生にもつながる【花は誰かの死体に咲く】など。最近、個人的に少し、手塚治虫さんの「火の鳥」を見たばっかりで、特に輪廻転生みたいなものは、何か意識して聴いたような気がする。


youtu.be





心の中の色紙 / AL

心の中の色紙

心の中の色紙


今年、嬉しかったことのひとつが、ALが本格的に活動をし始めた、ということだ。andymoriからのファンとしては、再び小山田壮平さんの歌が聴けるのは、とても嬉しく思う。寛さんのベースも好きだし、戻ってきた大樹さんのドラムも好きだし、それらもまた聴けると思うと、本当に嬉しい。
で、ALには、長澤知之という方も加わっていて、壮平さんとのツインボーカルになっている。その掛け合いのようなボーカルが、本当にすごかった。似ているとは思わないけど、時々どっちが歌っているのか、分からなくなることがある。そのボーカルのシンクロが、andymoriにはなかった一番大きな魅力だと思う。
曲の感じは、どうだろうね、メッセージ性は相変わらずあるようでないような感じだけど、明らかにandymoriの初期からは変わってるよね。良い意味で多彩な曲が入っていて良いんだけど、でもandymori初期の頃の曲が懐かしくなったりもする。


youtu.be





CRAZY, STUPID, LOVE / ナードマグネット

CRAZY, STUPID, LOVE

CRAZY, STUPID, LOVE


今年、初めて知って、急激に好きになったバンド。このバンドを知ったきっかけについては、過去の記事をさかのぼっていただければ書いてあります。
毎年、新しいアーティストとの出会いが1組か2組くらいはあって、ひとりでこっそり喜んでいるんだけど、今年はこのナードマグネットにはまった。
彼ら自身が、”パワーポップ”という音楽のジャンルを掲げているんだけど、もうとにかくメロディーがキャッチーで、一回聴くと、頭から離れなくなる。職場で仕事をしていても、寝ようと目を閉じても、ずっと頭の中で再生されて離れなくなって、大変だった。力強いんだけど、すごく聴いていて心地よい感じ、何か今の自分はこういう音楽を探していた、というところに合致した。これからの作品を楽しみに待てるバンドが、また増えて嬉しいなぁ。


youtu.be





27 / SUPER BEAVER

27

27


何ていうか、このアルバムは、SUPER BEAVERにとって、記念碑的なアルバムだったんだろうね。過去作を思わせるアレンジを含んだ曲も入ってたりして、それに気づいた時は、何かすごく嬉しかった。
【素晴らしい世界】という曲で、”心配しないで 大人は楽しいよ”というフレーズを歌っていて、それが何かグッときた。何ていうか、そん時そん時の自分を楽しめばいいんだって、もちろん若い時は若い時にしかできないこともあるけど、年とっても、仕事だって気の持ちようで楽しくなるし、景色や場面で若い時には感じなかったことも感じることができるからね。例えば、僕個人的には、最近はビールよりも、日本酒や焼酎が好きになってきたこととかね、ちょっと違うか、笑。まぁ、音楽の好みはあんまり変わってないけどね、ジーンとくるフレーズなんかは年と共に変わってる気はする。


youtu.be





醒めない / スピッツ

醒めない(通常盤)

醒めない(通常盤)


もうとにかく、スピッツが新しいアルバムを出してくれただけで、僕の今年は幸せな一年でしたよ。自分にとってスピッツのアルバムは、何年か毎に自分の歩いていく道に、「ここまでとりあえずお疲れさん」的な、旗を立ててくれるイメージ。ゲームで言うと、セーブポイントを作ってくれる感じかな。とりあえず、どこかで息絶えても、ここまで戻ってくればいいや的な存在になっていると思う。
SMAPが年内解散を発表してさ、別にSMAPは好きじゃないけど、とにかく長いことグループを続けていくことへの難しさを感じたばっかりなんだけど、スピッツはすごいよね、来年で結成30周年ですよ。頑張ってください、スピッツが続く限り、僕は僕で居られるからね。
何ていうか、新しいんだけど、懐かしくて、やっぱりスピッツスピッツで。そういうアルバムだったんだと思う。


youtu.be