おじさんと音楽

おじさんが気に入った音楽を語るブログ

おじさんと音楽 2018年まとめ

NOW PLAYING / AL

NOW PLAYING

 

もう、元andymoriと言わなくていいよね。ALにとっては2枚目のアルバムだったけど、何かこの作品で、本当の意味でALっていうバンドがどういうバンドなのか、分かった気がするし、好きになれた気がする。

 

一曲一曲がとても潔くて、次から次へと、腹にたまることなく楽しむことが出来るので、さらっと聴けて、じゃあもう一回!っていう気持ちになるアルバム。

 

youtu.be

 

 


歓声前夜 / SUPER BEAVER

歓声前夜(初回限定生産盤)(CD付)

 

個人的に、すごい好きな曲と、あまりそうでもない曲が、極端に分かれたアルバムだった。結構、メンバーでシンガロングしているような曲が多くて、でも残念ながら、そういう曲に限ってあんまり自分にヒットしなかった。

 

ダントツに好きな曲として、【シアワセ】と【美しい日】があった。

 

【シアワセ】は、SUPER BEAVERがメジャー時代で迷走中(?)だった頃に作った曲で、元々はとても古い曲。いわゆる、それのリメイクっていう感じかな。ボーカルの渋谷さんの真っ直ぐなボーカルを、壮大なオーケストラをバックに重厚な演奏が盛り上げるものだから、胸が熱くなってくる。

 

【美しい日】は、シングル曲であるが、シングルで聴いた時はそんなに感じなかったんだけど、アルバムで聴くと、特に先述の【シアワセ】の次に入っている曲なので、また少し感じ方が変わった。

 

アルバム全体として歌っている一つのテーマとして、”シアワセ”とか”歓び”とかってのがあるんだと思うけど、まさにそれを歌っている、アルバムの核となるような2曲だと思う。

 

youtu.be

 

 


WHALE LIVING / Homecomings

WHALE LIVING

 

ホームカミングスは、このアルバムで、日本語を積極的に使うようになった。というより、英語歌詞の曲は、最後の【Songbirds】の1曲のみだけど。

 

個人的には、日本語歌詞には大賛成なんだけど、どうでしょうか? アルバムの作り方としても、今までとは違っていて、今作では、アルバム1枚でひとつの物語を表現しようと試みているので、そういう意味では、”読み物”として楽しめるように、やっぱり日本語の方が良いんじゃいかなって思う。

 

youtu.be

 

 


REBROADCAST / the pillows

REBROADCAST 初回限定盤

 

ピロウズのアルバムは、長いこと聴いていなかったんだけど、久しぶりに聴いてみたところ、とてもかっこよかった。

 

ピロウズは、2019年で結成30周年を迎える、ミスチルスピッツと同じくらい、とても長く長く活動してきたバンドなので、もうそれだけで素晴らしいと思える。僕がピロウズを知ったのが、結成15周年のときだったので、もうかれこれ15年も聴いてきたと思うと、何かその折り返しに今差し掛かったみたいで、とても感慨深くで、またちょっとピロウズ熱が再燃しているところ。

 

youtu.be

 

 


話がしたいよ / BUMP OF CHICKEN

【Amazon.co.jp限定】話がしたいよ / シリウス / Spica (初回限定盤)(CD+DVD) (A4クリアファイル付)

 

今年、本当にたくさんの曲を発表したBUMPだけど、その全部が全部、自分にとってしっくりくる曲だとは言えなかった。

 

その中でも、この【話がしたいよ】は、個人的には、久々に大ヒット曲になった。歌詞がすごい好きで、”ボイジャー”とか、ちょっと昔からのファンにとっては、ニヤリとするような言葉を入れてるところとか、にくいなぁって思った。

 

曲の感じは、【友達の唄】とか【コロニー】とかに似てるかな。どっちも好きな曲なので、嬉しかった。

 


ちなみに、年始の箱根駅伝の中で流れるCMのテーマソングとして、BUMPの【ロストマン】が選ばれたそうで、何を隠そう、【ロストマン】でBUMPにハマった自分にとっては、とても嬉しいニュースだった。

 

来年、新しいアルバムが出るかな。もうストックが溜まりすぎてるから、完全な新曲としての収録曲は、そんなにないかも?全曲、何かしらのタイアップなんじゃないかって勢いでしょ。

 

youtu.be

 

 

■2018年に知って、ハマりそうなアーテイストたち

 

ズーカラデル

夢が醒めたら

 

スピッツの草野さんも推しているようで、自分の中でかなりきているバンドの一つ。ボーカルの声がとても好みで、あとロックではあるんだけど、ちょっと可愛らしさを感じるような歌詞とメロディーが魅力的。

 

最初に、【アニー】という曲を聴いたときに、すげぇいい曲に出会った!と感動して一瞬で惚れ込んだ。もうこの曲が、頭から離れなくなってしまって、しばらくずっとこの曲だけ、youtubeで聴く生活が続いた。

 

今のところ、この【アニー】が入っているミニアルバム『リブ・フォーエバー』しか持ってないのだけれど、どうやら新しいミニアルバム『夢が醒めたら』が発売になっているらしい。聴きたいなぁ。

 

youtu.be

 

 


ArtTheaterGuild

HAUGA

 

個人的に、ずっとその気持ちが続いていくかは別として、1年に2,3バンドは新しいバンドを好きになりたいなぁって思っている。まぁ、そんなに熱心に探しているつもりではないんだけど、何かポコッとそういうバンドに出会えることがあって嬉しい。

 

今年に限っては、特に…というものを挙げれば、先述のズーカラデルと、このArtTheaterGuildを挙げたい。どっちも、久しぶりに自分にどんぴしゃで好きになったバンドだ。

 

ArtTheaterGuildは、the pillows山中さわおさんがプロデュースしたバンドなんだけど、聴いてみるとすごいかっこよかった。同じように、さわおさんプロデュースのバンドで、カミナリグモというバンドがあるのだけど、それとはまた違った雰囲気のバンドで、自分にはどんぴしゃだった。

 

何ていうか、こんなこと言うと、両バンドに失礼かもしれないが、ArtTheaterGuildは、正統なピロウズロックの継承者っていう感じ。カミナリグモよりも、かなりこっちの方が、ピロウズと似たようなテイストを感じる。

 

だからと言って、オリジナリティーがないわけではなくて、歌詞の感じもすごい独特だし、ちょっと気だるい感じのボーカルもクセになるし、ギターのリフとかすごい好き…何か好きなところを具体的に説明するのが難しいバンドだね。聴いてみた方が早いっすね。

 

youtu.be

 

 


17歳とベルリンの壁

Object

 

”17歳とベルリンの壁”が、バンド名である。もうそこから、結構異質な感じがするバンドだよね。

 

何がきっかけだったかはもう覚えていないけれど、今年のいつだったか、シューゲイザーというジャンルの音楽に興味を示したことがあった。ろくすっぽ、シューゲイザーという音楽は聴いたことがないんだけど、何故か聴いてみたいと思ったのだ。

 

それから、自分にしっくりくるような、シューゲイザーバンドを探す日々がしばらく続いた。ネットで、シューゲイザーバンドと言えば…みたいな感じで、色んな方が紹介されているバンドを聴いてみたりして、色々探した。

 

例えば、スーパーカーとか(これはシューゲイザーですか?)、初期のきのこ帝国とか(これはシューゲイザーですよね?)、その他もう名前も覚えていないけれど、色んなバンドを聴いてみた。

 

その結果、あぁ、自分が(何故か)聴きたいと思ったシューゲイザーはこれだ!と思える、一つのバンドに出会った。それが、”17歳とベルリンの壁”というバンドだったわけです。この名前にもひかれたかな。

 

シューゲイザーって、個人的には、ノイジーなギターの音が轟々となっている中、ほとんど聴こえない感じで、ボーカルが気だるそうに歌う音楽、と勝手に思っていたので、17歳とベルリンの壁は、まさにそれに当てはまるバンドだった。シューゲイザーって、何か気持ちいいよね、聴いていると。

 

(何と、youtubeで公式に全曲配信されている!)

youtu.be

 

 


Cattle

Somehow hear songs.

 

これも、17歳とベルリンの壁と同じく、シューゲイザー枠。

 

個人的には、Homecomingsがシューゲイザーをやってみたら…みたいな感じのバンドだと思う。そういうジャンルがあるのかは知らんけど、ちょっとポップ寄りのシューゲイザーかな(?)。いかんせん、まだ情報が少ないので、ちょっと興味を持って聴いてみようかなって思っているところ。

 

youtu.be

 

 


teto

手

 

今年、初めて全国流通のフルアルバム『手』を発売させたばっかりだそうだけど、このバンドはかっこいいねー。試聴機で一回聴いただけなんだけど、身体を電気が走った気分になった。

 

曲調は、どこまでもロックなんだけど、それに対して、歌詞が結構文学的な感じで、そのギャップが面白いね。どこかGOING STEADYを思わせる節がある。

 

youtu.be

 

 

 

それでは皆様、良いお年をー。