Twilight / Subway Daydream

Twilight

Twilight

  • provided courtesy of iTunes

Twilight / Subway Daydream

 

■最近ハマってしまって、頭から離れなくなってしまい、長いことずっと繰り返し聴いている曲です。大げさでも何でもなく、何時間もずっとエンドレスでリピートしています。何でも、このバンドで初めて音源化した曲であるらしいので、今のところダウンロードして聴ける曲が、この1曲しかないようです。

 

バンド名はSubway Daydream…”地下鉄の白昼夢”と直訳することは安易なのかもしれないけれど、何ていうか…何処へも行けない鬱屈した気持ちを「地下鉄」という言葉に託して、それでもそこで心を保つように、日がな白昼夢を空想してごまかしている、と勝手に想像を膨らまして、奇しくも今の時代に合っているようなバンド名だな、とか思っています。

 

 

■何より、【Twilight】という曲は、そういう自分たちがこの不思議なバンド名に込めた想いを説明しているような、そんな自己紹介的な曲なのかなと思いながら聴いています。

 


地下鉄でひとりきり
ぼんやりベンチにもたれて
最後のベルが聴こえたら

 

街に出よう まぶしい心で
暗がりも照らすほどに

 

遠距離恋愛なのかなとか、片思いした人のことを思っているのかなとか、別れてしまっているのかなとか、色々と物語を想像してみるんですけど、何より歌詞がすーっと入ってくる感じが気持ちが良いなって思うんです。

 

演奏とボーカルも素敵なんです。実は元々、シューゲイザーについて色々と調べていたんですけど、そこからちょっとかけ離れたところで、この曲に出会いました。この曲のイントロが流れてきたところで、手が止まってしまい、さらにボーカルの声が流れてきてから、さらにのめり込んで聴きました。

 

バンド名の通り、白昼夢でも見ているような、そんな不思議な雰囲気に浸れる曲です。

youtu.be